FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

剣道 士道 侍道 

バガボンド 24 (24) バガボンド 24 (24)
井上 雄彦、吉川 英治 他 (2006/10/23)
講談社

この商品の詳細を見る
シグルイ 7 (7) シグルイ 7 (7)
南條 範夫 (2006/10/20)
秋田書店

この商品の詳細を見る

俺は英語の本を買うために本屋に入った‥‥
そしてお目当ての本を見つめ勘定をすませようとした‥がそれからのことは‥‥?

単行本は油断してるとあっという間に巻が進むからね
衝動買いをしても咎めることはできねえもんだへさ

□バガボンド

イチ押しセリフ:
「さあ…今夜はこれで一緒に食べよう 三人で一緒に」(伝七郎)
「幾度この吉岡を欺くつもりだ?」(吉岡下っ端)
「信じろ 信じろ 俺は勝つ!!」(伝七郎)
「……植田さん やっぱり柄に手をかけたあんたの方が怖いな…
 テッポウは似合わねえな!!」
「当たり前だこんなガラクタ そもそもこわれてるし
 撃ち方すら知らん」(武蔵・植田)
「さてやりますか」(武蔵)
「あんたら……俺を笑えるのか…?」(ヌハ)
「道場ではいつも踏みつけられてるそのうっぷんを
 今日はじっくりと晴らさせてもらうことにする……!!」(吉岡下っ端)

セリフだけ見ると殆んどスラダンと間違えるくらい
イノタケな空気が24巻には(というか21巻から)漂っている。

植田がテッポウを瞬にして構えるシーンはホントカッコよかった
某GUN道と同じ題材とは思えな──ゲフンゲフン

ちなみにヌハもここにきて一気にツキに見放されて絶体絶命
豪商になるまで描ききれるかな…バガボンド

□シグルイ

イチ押しセリフ:
「何流か」「無明逆流れ」(忠長・伊良子)
「この百姓めら」(ニキビ源之助)
「この童 いらぬなら貰うぞ」(虎眼)
「見えねえってのにどうやって……」(蔦の市)
「いやあ……」(牛股)
「抜けるか?虎眼流!太刀を抜けるか!?
 抜かばたちまち雷神の生贄(にえ)ぞ」(蛇)
「どうでしょう 当道者に討たれた岩本様が
 果たして家中一の使い手であったかどうか…」(生野)
「藤木源之助は生まれついての士でござる」(藤木)
「のけ」(片桐)

正直、6巻で虎眼先生が死んでしまったために
この後の展開はラオウ死後の北斗みたいになると危惧していたが
その心配は自分の中ではほぼ払拭された
これなら当分、期待し続けてもよさそうだ

バガボンドと違ってこちらはスポーツ性とは無関係で
殺人剣として剣を取り扱ってるため
その豪快さはある種の爽快感にも繋がって秀逸ものである
一話に一人死ぬといった流れもなかなか秀逸
伊良子様がカッコいいのも秀逸

*****

それにしてもこの手の漫画は名言、脇キャラの二つを重用して
読み手に多大なインスピレーションを与えてくれるからね
こういう漫画は俺の好物ってもんだべさ

インスピレーションって意味は俺も知らねぇ‥‥

スポンサーサイト

[2006/11/28 20:55] 狼は眠らない | TB(0) | CM(2)

へえ・・なかなか面白そうじゃないの。バガボンドなら兄が持っているから読んでみようかしら。

>某GUN道
おんみょうだんをくらえーっ!うおっ!まぶしっ!!あれはバガボンドやシグルイと同じ題材なのかーっ!
[2006/11/29 08:27] すかいくらーく [ 編集 ]

斬る 払う けさ斬り → みじん斬り

>バガボンド
持ってるなら兄貴さんに読ませてもらうといいです‥よ!
5巻はボンガロを知ってる人ならハッとするシーンもあるからね

>バガボンドやシグルイと同じ題材
バガボンドは一応そうですよーっ
勿論、武蔵も沢庵もあれほど過激ではないが‥‥

ちなみにシグルイは武蔵の時代より少し後の話になるから
そこまで接点はないけど‥ね!
[2006/11/29 23:06] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunnypunch.blog55.fc2.com/tb.php/152-575d2da9












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。